おおつるもとむ(大津留求)

みんなちがって、みんないい。

政策

みんなちがって、みんないい。小さな声にヒカリをあてる政治を。

    • こんなことを訴えました
    • こんな伊丹を目指します
  1. こども子育て当事者として伊丹市が子育てを支える体制の充実を。

    • 幼児教育の充実について
    • 病児保育の必要性
    • 小学生通学路の安全
    • 放課後児童くらぶの充実
    • 体育祭組体操の安全対策
    • 笑顔でイキイキ育つ環境と、社会で育てるシステムづくり
    • こども権利条例の制定
    • こどもの人権オンブズパーソン制度設立
  2. 人権・多様性誰もが自分らしく暮らせる街に。

    • 男女共同参画社会を目指して
    • 障害者差別解消法を活かす
    • 性的少数者施策について
    • ヘイトスピーチ団体への対応
    • 障がい者・高齢者の声を活かした街づくり
    • 男女共同参画条例の制定
    • 性的少数者が暮らしやすい制度設計
  3. 市政のチェックと提案市民や現場の声を市政に反映させます。

    • 低価格入札の弊害
    • 公共施設に新電力導入を
    • 住宅リフォーム助成制度
    • 公契約条例の制定を
    • 市営バスの民営化反対
    • 施策決定プロセスの情報公開を徹底
    • 現場労働者へ適正な賃金を保証する公契約条例の制定
    • 市政運営に真の市民参画を
  4. 個人情報保護・反監視社会人を大切にし、支え合う社会システムを。

    • 安全・安心見守りネットワーク(カメラ1000台とビーコン)の適正な運用
    • 伊丹市が自衛隊へ適齢者情報をデータで提供し続けている問題
    • 「安全・安心」とプライバシー保護のバランスがとれた適正運営の徹底
  5. アスベスト対策健康長寿はだれもの願い「いのちと暮らし」をまもるため。

    • アスベスト検診の充実
    • 患者さんを救済制度につなげる体制
    • 建築物解体等に伴う飛散対策
    • 正しい知識と危険性を認識したうえで、対策を具体的にすすめる。

> 2014年の政策へ